施設概要

1.設立目的・経緯

 島根県立武道館は、武道を通じてスポーツの振興を図り、もって県民の心身の健全な発達に寄与することを目的として建設され、長年本県の武道振興拠点として、多くの人達に利用されています。

2.施設概要

建物 鉄筋コンクリート造及び鉄骨造 地上2階
設計者 菊竹清訓建築設計事務所 菊竹清訓
面積 敷地総面積・・・・・6,279u
建築面積・・・・・・2,279u
延床面積・・・・・・3,414u
開館 昭和45年7月
収容人数 1,500人(うち固定席512席)
その他 駐車場14台

3.主な施設の面積

道場 29.60m×29.60m=876u(512畳) 柔道、剣道の公式試合が4面とれる広さです。
なぎなた、空手、少林寺等にも利用できます。
トレーニング場 19.95m×16.10m=321u トレーニング器具、レスリングマット、卓球台等を備えています。
和会議室 8.00m× 7.00m= 56u 各種会議・催し、大会等の控え室として利用できます。
定員30名。
洋会議室 8.00m× 7.00m= 56u 各種会議・催し、大会等の控え室として利用できます。
定員40名。
相撲場 7.42m× 7.42m= 55u 土俵。
弓道場 43.00m×17.30m=321u 近的5人立ちです。巻きわら場を備えています。

4.事業内容

 子供からお年寄りまで、幅広い人たちに利用していただけるよう、当館では様々な事業に取り組んでいます。

  • 武道館教室を開設して、各種スポーツの普及振興に努めています。
  • 少年武道大会、各種武道指導者研修会を開催して、競技力の向上や指導者の資質の向上を図っています。
  • 各種大会や行事、練習場所等としても貸し出しています。
本サイト内に掲載されている画像及び記事等の無断転載・使用を禁じます