スポーツ教室

2019年度
島根県立武道館後期スポーツ教室

1.実施要項

1.目的
武道をはじめとする各種スポーツの普及振興、健康づくりや体力の向上、仲間づくりを目的に開催します。
2.主催
(公財)島根県体育協会
3.主管
主管:島根県立武道館
4.指導者
島根県立武道館職員 島根県立武道館委嘱講師
5.開設期間
2019年4月13日(土)〜2019年9月14日(土)
6.開講日
各教室の開講日
7.受付期日
2019年3月23日(土)13:00〜【定員になり次第締め切ります】
8.申込先
島根県立武道館 松江市内中原町52番地
9.申込方法
所定の用紙に必要事項を記入し、参加料と一緒に持参してくだい。
なお、受付開始時に定員を超える希望者があった場合は抽選とし、申込者(代理人含む)1名につき1件の申込みとします。
(当選権利を第三者に譲渡することはできません)。
また、電話・メール等での受付は一切できませんのでご了承ください。

10.参加料
①幼・小・中・高校生 2,500円(週1回課程)
②幼・小・中・高校生 4,000円(週2回課程)
③大学生 4,200円(週1回課程)
④一般 5,200円(週1回課程)¥
※複数の教室をお申込みの場合は、二つ目から2割引になります。料金に差がある場合は低額の教室に適用します。
11.保険料
スポーツ安全保険に加入していただきます。
幼・小・中学生800円、高校生・大学生・一般1,850円、満65歳以上の方1,200円が別途必要です。(概要についてはスポーツ安全保険のしおりをご覧下さい。)

概要については、スポーツ安全保険のしおりをご覧ください。 なお、当年度、県立水泳プール、県立体育館、県立石見武道館、県立サッカー場においてスポーツ教室に参加し、スポーツ安全保険に加入している場合は不要です。

11.その他

1)教室受講に必要なものは、各自で準備してください。(剣道、弓道、なぎなたの用具については、初心者用に貸出し用があります。)
2)実施予定表に基づき、週1回課程は17回、週2回課程は34回開催しますが、講師の都合等により開催日の変更、また、開催回数が減る場合がありますのでご了承ください。
3)原則として、教室開始後の参加料返金はいたしません。
4)参加者が少ない教室は中止することがあります。その場合は、お預かりした参加料は返金いたします。
5)教室に関する詳細は、県立武道館22−5711にお問い合わせください。

前期スポーツ教室要項

↑PDFファイルが開きます↑

前期スポーツ教室申込書

↑PDFファイルが開きます↑

後期スポーツ教室実施予定表

↑PDFファイルが開きます↑

2.教室一覧

◎武道・スポーツコース

※太字:週2回課程  
    
教室名 募集対象 募集
人数
曜日 時間 開講日
柔道
柔道
小学生 初級
(未経験者)
20名 火・木 18:00〜19:00 10/9
中級・上級 40名
中学生・高校生 20名 19:10〜20:10
一般・大学生 10名 19:10〜20:10 10/9
10名 10/11
剣道
剣道
幼児(年長)
小学生
初級
(未経験者)
20名 水・金 18:00〜19:00 10/10
中級・上級 40名
中学生・高校生 20名 19:10〜20:10
一般・大学生 10名 19:10〜20:10
10名 10/20

弓道
中学生・高校生 10名 11:35〜12:35 4/14
中学生以上 未経験者 10名 18:30〜19:30 10/20
高校生以上 10名 13:30〜14:30 10/10
経験者 10名 18:30〜19:30
大学生以上 土曜 未経験者 15名 9:15〜10:15 10/9
経験者 15名 10:25〜11:25
レスリング
レスリング
幼児
小学生
中学生
初級
(未経験者)
10名 水・金 18:30〜19:30 10/20
中級
上級
25名
なぎなた
なぎなた
小学生以上 20名 18:00〜19:00 10/11

居合道
居合道
小学4年以上 20名 19:10〜20:10 10/11
剣道形・基本錬成
剣道形・
基本錬成
小学高学年以上 20名 15:00〜16:00 10/6

◎健康・レクリエーションコース

教室名 募集対象 募集
人数
曜日 時間 開講日
卓球
卓球
一般 午前コース 15名 10:00〜11:30 10/18
午後コース 15名 13:00〜14:00
マスターコース 10名 14:10〜15:10
ボクササイズ
レッツ健康ボクシング
小学生以上 10名 19:30〜20:30 10/11
キッズ体育
キッズ体育
幼児(就学1年前) 20名 15:30〜16:30 10/16
20名 10/18
本サイト内に掲載されている画像及び記事等の無断転載・使用を禁じます